FC2ブログ
KAYO*AIBA | BLOG
アイバ カヨの最新情報やイラスト・作品などを掲載する公式ブログ
DATE: 2016/02/15(月)   CATEGORY: NEWS
オリジナルえんぴつのネット販売開始
三省堂書店池袋本店内『Bookman’s Gallery』“ARS LOCUS”において、『感じるTOKYO』をテーマに、オリジナルグッズを期間限定で展示販売しています。
その第一弾が『えんぴつ』です。
大人になってなかなか使わなくなった“えんぴつ”
そんな“えんぴつ” に敢えてフォーカスさせ、濃淡の味わい、木の匂い、軽いフィット感などモノ書きにとっての“えんぴつ“の良さをもう一度見つめ直す企画となります。
けれど、池袋まで行けない! でもオリジナルえんぴつが欲しい!! という方のために、オンラインストア『神保町いちのいち』でご注文をお承りできることになりました。

神保町いちのいち オンラインストアはこちらから

三省堂えんぴつ写真
| CO-0 ] page top
DATE: 2016/02/07(日)   CATEGORY: NEWS
三省堂池袋本店企画 KAYO AIBAデザインマグカップが発売されました
三省堂書店 池袋本店のアート企画 ~『感じるTOKYO』プロジェクト~
高品質な「小田陶器」の美しい白磁陶器を活かし、クリエイター達がオリジナルマグカップをデザインしました。
発売期間は2月1日~3月15日まで。
ぜひお立ち寄りくださいね。
********************************
場所:西武池袋本店 書籍館3階 三省堂書店内
ARS LOCUS~アーズローカス~ 三省堂書店池袋本店内
「feel World ~ feel Japan ~ feel Tokyo ~ 
クリエイターによる『感じるTOKYO』プロジェクト」
※営業時間10:00~22:00
三省堂書店池袋本店HP

三省堂マグカップ写真1s
三省堂マグカップ写真2s
三省堂マグカップ写真3s


三省堂マグカップ展示写真1+.
三省堂マグカップ展示写真2

●小田陶器、マグについて● 
http://www.oda-pottery.co.jp/
大正10年の創業以来、品質とこだわりを大切に白い器をつくり続けているメーカーです。
あえて欠点が目立ちやすい白にこだわることによって、現在では国産最高レベルの白を作り出せるほどの高度な技術力、品質管理能力を誇っています。
国内はもとより世界中からの評価も非常に高く、誰もが知っている有名ブランドの食器も、加飾ベースとなる生地は小田陶器ということも少なくありません。
クオリティーの維持と向上を念頭においたスタッフ全員の意識が白く上質で繊細なデザイン表現を可能にしています。

マグカップは1300℃を超える高温で焼成され、透光性のある白磁の中でもひと際透明感のある仕上がりとなっており、各アーティストが思い描くイメージ、鮮やかな色再現を支えています。
寿司湯呑くらいのサイズですが、大きめのスクエアなハンドルが持ちやすい。
たっぷりと注いでお気に入りのアートと共にゆっくりとした時間をお楽しみいただけます。
柄については非常に細かな部分まで細密に再現できているとおもいます。

使用上の注意
電子レンジ、食洗機の使用は可能ですが、耐熱の土を使用しておりませんのでオーブンは不可となります。
耐熱の基準は熱した後、急激に冷やした時の温度差200℃以上に耐えられるものとなります。
例えばオーブンで200℃まで熱し、出してすぐ0℃の氷水につけても割れないといった感じです。
もちろん生地の焼成温度は1300℃以上、加飾温度は800℃ですので300℃位のオーブンでも割れることはありませんが、上記基準をクリアしていないため温度が上がるオーブンでの使用は不可となります。
加飾に使用している絵具は耐酸性のものを使用していますが、絵柄を長持ちさせるために強酸性、強アルカリ性の洗剤の使用はひかえ、中性洗剤の使用をオススメします。

生産地
マグカップ本体 岐阜県瑞浪市
転写シート   岐阜県土岐市
絵付け焼成地  岐阜県多治見市
箱       岐阜県土岐市
| CO-0 ] page top
copyright © KAYO*AIBA | BLOG all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.